第2話
1回『な…なんなのこの人…』




 ご主人さまの家にて
 世話をされるようになってから
 早、二週間が経ちました。

 ぼくはといえば、
 少々背が伸びたような伸びてないような
 ご主人さま曰く

「3ミリおっきくなったかな」

ぐらいの変化でありまして、
日常も、
寝て
食って、
昼寝をして、
食って、
なゴロゴロとした
相変わらずな生活を送っております。




「いっえーい!
おーれ!
おーれおーれおーっ!」


カチャ!
ユニットバスのドアが
開くな否や
ご主人さまが踊りながらやってきました。

朝のご主人さまは、
落ち込んだり
ご機嫌になったり、
日によって気分が大きく変動するのですが、
今日は最高にご機嫌のようです。



「やったぜ、ツバメちゃん!
気分は世界征服だ!
この喜びを誰かに分かち合いたい!
もう、最高、ハッピーっ!
私は長い苦しみから
開放されたのだ!」
「にゃあ」
「おおっ、ハンニャマン!
おまえいたのか、
いつもいるぜ!
だって
猫ちゃんは、
私の猫ちゃんなのさ、
わはっはっはっ、
可愛さまさに世界一。
飼い主の私も世界一なのだ!」

猫であるぼくだけでなく、
日本語を解する人間様であろうと
言葉の意味を
理解するのは困難ではありますが、
大喜びの感情を
全身で表現しているのは分かります

ご主人さまが嬉しいと、
ペットのぼくも嬉しくなります。


「ねぇねぇ、
聴いて、見て、触って。
私はついにやったのだ!」

そんなとき、
ブーっ!
と玄関のベルが鳴って、
鍵を開ける音がしました。


「おはようございまーす。
ナツミさん、起きてますか?」

ご主人さま以上に
ぼくの世話をしてくれる、
大家の娘であるカナメでありました。
彼女は家の合い鍵を持っていて
我が家のように入ってきています。

「おおっ、カナメちゃん!
ちょうどいいところに!」
「うわわっ! 
ナツミさん!
なんで下半身丸出しなんですかっ!」
「カナメちゃん、カナメちゃん。
わたしが生みしビックショーを見てよ。
もうね、すっごいんだよ。
これはまさに史上最強の衝撃作なのさ」
「すでにわたし、
とんでもないの見てるんですけど!
なんでパンツはいてないんですかっ?
隠してください! 早くっ!」
「同じ女同士、
気にすることないんだよ」
「気にしますっ!
信じられない!
そんな堂々と、とんでもないの見せて! 
隠そうともしないし、
しかも見せようとする勢いだし!
なんですか、あなたはっ!」
「カナメちゃんだって
ついてるものじゃん。
別に恥ずかしがることないんだよ」
「恥ずかしいですよ!
ナツミさんも恥ずかしがれ!
わたし、他人のなんか見たことないですし、
見たくもありませんっ!」
「ついてる?」
「なにが?」
「生えてる?」
うるさいな!
「分かってるじゃん」
「分かりません!
特に、
ナツミさんの思考回路が分かりません!」
「それはともかく、
来て見て触ってだよ」
「な、なんですか、
その前にパンツぐらいはいて…きゃっ!」

ご主人さまはカナメの腕を取ると、
ユニットパスに連れて行きました。


ぎゃああああぁぁぁぁぁぁーーっ!
なんてもの見せるんですかっ!」

カナメの巨大な悲鳴とともに、
水が流れる音がします。

「あああああああああああっ!
私の最高傑作がーーーーっ!」
「なにがケッサクですかっ! 汚いだけです!
クッサクですっ!
「いま、上手いこと言えたと思った?」
「別に。
つーか、んなバッチィもん見せるな」
「ウンターマのはいつも見ているじゃん」
「だから、タマキチ。
タマキチはいいんです。
トイレの後始末は
飼い主の仕事なんですから。
人間のなんて、
見るもんじゃありません」
「カナメちゃんだってするじゃん。
どこぞのアイドルじゃないんだよ」
「いや、どんなアイドルでも
生きている限りは
そーゆーのはするわけでして。
人に見せるなんて、もってのほかです」
「でかかったでしょ?」
「なんでそう自慢げなんです。
思い出したくもありません。
記憶からも水に流します」
「カナメちゃんは、
便秘のつらさが分からないから、
そう言えるんだよ」
「そりゃ、分かりませんけど…」
「普通は、たくさん出たねって
喜び合うものなんだよ。
そうやって、友情が芽生えるんだよ。
これ、大人の世界の常識」
「んな、友情いらんわ。
つか、どんな大人の世界ですか。
ナツミさんの頭の中だけにしてください」
「便秘は生みの苦しみに等しいよ。
でっかいのがでると、
おぎゃあと生まれた赤ちゃんのように、
良く出たね可愛いって、
キスしたくなるほどなんだ」
「マジですんなよ。
実際やってるなら、
わたし、タマキチ連れて出て行きます」
「物の例えだよ。
わたしはこそまでヘンタイじゃないよ。
チュウするのはカナメちゃんにだよ」
「わたしにもするな。
タマキチ飼うの許可したとき、
いっぱいキスされて…。
あれ、トラウマなんですからね」
「わたしね、
柔らかくて、可愛いのが好きなんだ。
カナメちゃんは、ドストライクなんだよ」
「そーゆーのは、
タマキチにしてください…。
もう、いつまで丸出しなんです。
いい加減、パンツはけ」
「あっ!」
「なに?」
「私、お尻拭いてなかった」
早く拭けっ!

カナメは
ご主人さまはユニットバスに押し込めると
力強くドアをしめました。

「疲れる。
な…なんなのこの人…」


ぼくのご主人さまであります。



2話
第2回『英語なんてディスイズアペン!』
に、つづくであります



前回のはなし

もどる



inserted by FC2 system